FISHING IS INSPIRATION

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

振り返って。

本日は昨日の「北山湖チャプター」の事を書きたいと思います。(長文になるかもです^^;)

最近(今年)の北山湖は一筋縄じゃいかないという状況でして、大場所でも釣れる人・釣れない人がはっきり分かれてると思います。(昨年の大減水・ベイトの減少が大きく関わっているかと)

私はどちらかというと・・・釣れない人の分類に入ってる状況でして。。。
同期の山崎大プロは釣れてる人の分類だと思いますね。(一日20本位釣れてるみたいなので)

そんな状況に置かれてるというのに、前日プラの人の多さで、ある程度までしか突き詰めず、当日の状況変化についていけなかった事が大きな差になったんじゃないかなと。

当日は各ポイントであまり選手が動かず、粘りの釣りを展開してましたね。
私もその作戦だったんですが、それでも2・3箇所を北山湖特有の「10時のタイミング」や気圧の変化、潮周りで回る予定だったんですが、あまりにも人が動かなかった為、自分自身も動く事ができませんでした。

私の釣っていたポイントはステージングに適したエリアでシャローにも上がりやすく、尚且つベイトもいるといったこの時期のポイントで、試合開始早々に小さいながらも1匹目をキャッチ。
続いて同じコースを通すと500gオーバーがHITしたんですが、ランディングをどうするか悩んでしまって痛恨のバラシ!(改めてネットの必要性を感じました。後ろを後輩のえったんが通っていたんですが、しっかり見られてました@@)

そのバラシが他の魚に悪影響を与えてしまって、ずっとバイトがあったコースではノーバイトになってしまいました。
その後は魚探と睨めっこ状態になり、ベイトが8mの6m付近を泳いでる事に気づけて、ミドストで通すと620gというナイスな魚をキャッチすることに成功!
その後も520g・430gと釣る事が出来ました。

この時点で10時前くらいでここから移動の予定だったんですが、実際には人が多すぎて動けず、時間を空けて打つの繰り返しになってしまいました。(ここで大ゴケが決まったような感じですね)

強引にでも動いて下の430gの魚をせめて500g台にまでもっていけてれば、ポイントを逃すといった最悪な結果にならずにすんだかもしれないですね。(あくまで、たらればの話ですけど^^;)

今回は大ゴケになってしまいましたが、段々と今年の(まだ3月ですが)が判りはじめてきたんで、その癖に合った練習をちゃんとすることで結果はそれなり出るんじゃないかと思います。
その癖を人に伝えるのは恐らく、私の文章力・理解力では不可能ではないかと考えられます(笑)
自分でもまだ朧げにしか掴めてませんし。

そんなこんなで来週の「GBcup」には金銭的に厳しいんですが、釣友のえいちゃんが誘ってくれたので、前回のオープン戦同様タッグマッチで望もうかと思います。
北山バスにリベンジを果たしてやります!!


特にためになりませんが(笑)長々と読んでくれて有難う御座いました。
これからもタダの人・宮原のブログを見てくださいね^^
スポンサーサイト
    21:43 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。